企業によって異なる社員研修

社員研修の大事さについて

どの企業でも社員研修と言うのは実施されています。
社員研修と言うのは新入社員に会社がどの様なスタンスでビジネスを行っているかを見てもらうのと同時に会社側の新入社員の人柄などをチェックする為の物です。通勤する会社で社員研修をするところもあれば、研修施設を使い数日泊まり込みでの研修を実施する会社もあります。中には山登りなど、過酷な状況をあえて作り体力、精神力を判断する会社もあります。社員研修は他にも新入社員の仲間としての結束も生まれるので大事な研修となります。また研修内容は会社によって様々ですが、リーダーシップ、マネージメント力、営業、マーケティングなどの研修が多いです。新人研修はその会社に勤める上でので第一歩となるので相当重要です。

変わった新入社員研修

新入社員研修は「社会人の自覚」「必要なスキルを身に付ける」「目的や目標」が主な目的です。
様々な会社が色んな工夫をし、新入社員の研修をしていますが、変わった研修方法をとっている会社もあります。施設を使い1週間こもる生活や無人島で生活をあえてさせる事により、精神力を鍛えたり、新入社員数名でグループを作り、みんなでアイディアを出し合って、製品を作るなどの研修もあります。ある車会社では、子供と触れ合う為に保育園などに研修に行き、ミルクのつくり方やオムツの変え方などを研修すると言う方法を実施しています。色んな視点で会社は新入社員の人間性を見る作業をしています。そこに必死についていく精神力が求められるでしょう。