初めてのお仕事、社員研修とは

社員研修の目的と実態

社員研修とは、コンプライアンスやルールや業務の内容など一貫して集中して行うことで、社風になじんでもらう目的があります。しかし、生産性が上がらないですし、会社としては社員に対する投資の位置づけです。自分の社員が講師を務めることもありますが、社員の工数が確保できなかったり、技量不足であったり、効率的に教えるノウハウの体形がないことがあることが実態です。
別の方法として外部の人材育成のプロフェッショナルに委託をすることで効率よく専門家から教えてもらう方法もあります。新入社員の初めだけでなく定期的にフォロー講座やキャリアアップを目的として複数回計画されるケースがあります。中にはオフサイトとして出張形式をとる場合もあります。

社員研修の主な内容について

社員研修はいろいろなカテゴリーがあり大体一般的なのは、下記になります。
はじめに、ビジネスマナーです。電話の受け答えや名刺交換など社会人としての基礎的な行動をロールプレイを通して学びます。
つぎに、会社紹介です。労働組合の内容や部署の紹介や給与といった人事領域など会社のルールや形態を学びます。講師としては社員が対応することがほとんどです。
最後に、プレゼンテーションやロジカルコミュニケーションといった能力や製図や生産管理などの専門知識の習得があります。テストや現場研修など実践的な要素をとりませながら行います。他者と合同で研鑽会としてオフサイトとして行われるケースもあります。種類が多いほど社員の能力が上がっていきます。